このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月新卒入社

金山 凌介

痛快食堂
大学卒。
学生アルバイトからスタートし、店長目指して入社した人財。
現場の第一線で活躍する正社員。
痛快食堂/金山 凌介
ほかのお店にはない接客の楽しさを知って入社

ほかのお店にはない接客の楽しさを知って入社

当社を知ったきっかけは学生時代のアルバイト。2個上の先輩や友人から誘ってもらって、痛快食堂でアルバイトをはじめました。仕事をしているうちに、お客様と深く会話をしたり、お客様のニーズに合わせた対応をしたりなど、ただ料理を提供するだけではない接客に魅力を感じるようになったんです。

就職をどうしようか考えているときに、社員さんから声をかけられ、「ココで店長を目指してみたい」と思い、入社を決意。それから、従業員同士の関係性が良かったというのも、決定打の一つでしたね。
店長や課長などの役職に向け、現場で下積み中

店長や課長などの役職に向け、現場で下積み中

現在は、ホールスタッフとして現場の第一線で働いています。ホール業務全般をはじめ、お客様の案内、料理の提供、レジ対応を担当。アルバイトの管理もしていて、困っていることや不安そうなことがあれば、解決してあげ、背中を押してあげることも。周りと協力しながら、お客様が快適に過ごせるように仕事をしています。

将来の目標は、やはり店長や課長になること。接客、飲食のプロを目指していきたいですね。そのためにも、接客やマネジメントをもっと極めていきたいです。
お客様との関わりはとても大きなやりがいです

お客様との関わりはとても大きなやりがいです

正社員になってから難しいなと思うのは、立場の違い。アルバイトへの接し方であったり、アルバイトのときと同様のミスはできなかったり。いい意味で「社員になったんだな」と感じます。これから、より自覚を持って、精進していきたいですね。

逆にアルバイト時代と変わらないのは、お客様と接しながら仕事ができる楽しさ。おすすめした料理を「おいしかったよ、ありがとう」と言ってもらえたときは、何回言われても嬉しいものです。また、外国からのお客様も多い当店。料理の説明やおすすめポイントなど、伝えたいことをジェスチャーなども交えながらお伝えし、伝わったことがわかったり、実際に食べて喜んでもらえたりすると、自信やモチベーションにもつながります。
機械に頼らず、人間の手をかけることで味が出る

機械に頼らず、人間の手をかけることで味が出る

当店のこだわりは「人間力」。だから、オーダー受付はハンディを使わず、あえて手書き。注文量は多いほうですが、人が関わることによって、お客様との関わりも深くなります。また、個室ではなく、開けたワンフロアになっているので、カウンター、テーブルなどいろんな場所のお客様と接することができるのも魅力の一つ。

会社としては、いろいろな業態があり、どのお店も従業員同士の仲が良いのが特徴。スタッフが一丸となり、一店一店、自分たちの個性を出しながら、運営しています。

変わるきっかけをくれる会社です!

さまざまな人と関わりながら、刺激を受けて過ごせるのが魅力。お店ではみんな一丸となり、笑顔で働けます。大げさな言い方かもしれませんが、毎日刺激的で生きていることを実感できますよ!

僕自信もそうですが、変われるきっかけがたくさんある場所です。だからこそ、「接客が苦手」「人の前にあまり立ちたくない」という人こそぜひチャレンジしてみてください!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

居酒屋・BAR(接客・販売・ホール)に関連する求人票を見る